前へ
次へ

なぜ早めの教育が重要になるのか

子供の教育は、早ければ早いほど良いと言われていますがその理由は一体何でしょうか。
昔から、ことわざに三つ子の魂百までと言うものや鉄は熱いうちに打てと言うものがあります。
この意味は、早く教育すればするほど楽に様々なものを学ばせることができると解釈して良いでしょう。
よく、中学生位になって成績が悪いからと学習塾に子供を入れる親がいますが、何も対策しないよりは良いにしてもそこから成績が上がる事はあまり期待できません。
もちろん世の中にはどんなことにも例外がありますので、学習塾に入ってから素晴らしく成績が伸びる生徒もいます。
ですが8割以上の子供たちはそれほど伸びないまま受験に突入していくでしょう。
なぜ、なかなか伸びることがないかと言えば勉強に対するマイナスのイメージが強すぎるからです。
人間はプラスとマイナスの関係の中で生きています。
何かを選ぶときは、マイナスのものよりもプラスを選ぶ傾向が見受けられるでしょう。
たいていの子供は、勉強がマイナスで遊びがプラスになっている可能性が高いです。
もし小さいうちから学ばせておけば、勉強のイメージがプラスになる可能性が高いです。

Page Top