前へ
次へ

社会人になって教育を受ける時の態度

社会人になると先輩から指示、指導などのいわゆる教育を受ける場面はたくさんあります。
この時期に社会人になる人は、ゆとり世代に育った人たちという理由で、先輩から厳しい指導が入るケースもあるようです。
そのためゆとり世代の人たちは社会人になった時に、一番気を遣わなければいけないことは教育を受ける時の態度になるかもしれません。
どの職場でも先輩からの教育には真摯な態度で聞くことはとても大切です。
なぜなら教育とはその人のためを考えてする行為であり、先輩はその人のことを立派な社会人に育てたいという願いがあることに間違いないからです。
ただし先輩によってはゆとり世代に対する偏見を持つ人もいて、それが理由で厳しく接する場合もあります。
これにおいてもやはりその人のためを考えてのおこないであるため、先輩の言うことをしっかりと聞き入れる態度が重要です。
間違っても自分のことが気に入っていないからと悲観してはいけません。
モチベーションを高く持ち仕事をすることが大切です。

Page Top