前へ
次へ

子供を教育するときに最低限理解しておくべきこと

子供を教育するときには、親は自然と洗脳してしまうものです。
例えば、親が高学歴の場合には子供にも高学歴になってもらいたいため小さな頃から勉強を仕込みます。
うまく仕込むため、子供は大人になってもなかなか気がつきませんが実は親と同じような人生を歩んでいる可能性が高くなります。
例えば、社長の息子が社長になりやすいですし、学校の先生の娘は学校の先生になりやすい傾向があるのはこのためです。
もちろん、親が洗脳することがいけないわけではありませんが、将来的に子供は親が洗脳したことに気がつかなければなりません。
親としては、洗脳しているつもりはないかもしれませんが、大抵の場合無意識のうちに洗脳しているものです。
洗脳は、子供にとって利益になる可能性もありますが子供自身の能力を生かしきれているかと言えばまた別の話です。
親に洗脳されていると、本当の能力を発揮することなく一生を終えてしまうことがあります。
そのため、子供は一旦自分の人生を振り返って本当に能力を発揮できる仕事なのかを確認するべきです。

Page Top