前へ
次へ

教育するには横文字を極力避けること

教育といえば大人たちの多くは小学校から大学院までの学校での学習することを連想しがちですが、実際にはそれだけでなく日常生活などで使ういろんなことを学ぶこともそれの一環に属します。
さてその日常生活での教育では例えば今使用しているパソコンやスマートフォンや携帯電話などの使い方も該当しますし、金融機関やお店でのお金の扱い方なども含まれます。
これらはいろんなメディアを何度も通しての影響が大きくなります。
ここで重要なのは教える側がどれほど学ぶ側に対して適正な表現を使用できているかとなります。
というのは今の時代はITの新技術や新サービスなどの分野がかなりの影響を及ぼしていますが、それらの多くは耳慣れないカタカナ用語が多すぎるからです。
一例では日本式の携帯電話をガラケーと表現していますし、インターネットを通じて寄付を募ることをクラウドファンディングと呼んでいますが、最初のころはそれをカタカナ用語以外で適正に表現開設できていないので、理解するのにすごくイラつかされることが多いからです。
今でもビジネスで職場での連絡手段としてソリューションとかなどの単語が多く使われていますが、多くの人に理解してもらおうとするならば、カタカナ用語に併設して適正な日本語単語を使えないと自分だけ解ったようなものの書き方するなで憎しみのままで終わってしまいます。

Page Top